何故緊張型・群発性頭痛・偏頭痛は薬では治らないのか?【小山 整体 フィジカルケア】

こんにちは

栃木県小山市にあります。

体質改善・腰痛・肩こり専門治療院フィジカルケアの佐藤正史です。

頭痛・・・

この記事を読んでいる方の多くが頭痛でお悩みのことと思います。

今回はなぜ、薬では頭痛は根本的に治らにのか?

書いていきます。

多くの方が陥りがちな薬で頭痛を抑えているから、という負のループ・・・

    

頭痛でお悩みの方はほぼ100%といっていいほどお薬を飲まれていることと思います。

そのお薬は一体いつまで飲み続けるのか?

薬が自分の手元から離れる日は来るのか?

そんなことに不安を覚えた事はありませんか?

いまでは頭痛は一般的に起こるものになっています。

私の院に来るお客様にも多くのお客様が頭痛を抱えていらっしゃいます。

そんな頭痛ですが、長い間ずっと抱えていると、治らないんだ・・・薬を飲み続ければ頭痛は治まるからいいか・・・

と思っていませんか?

ここには大事なことが抜けているんです。

それはなぜ自分に頭痛が起きているのか?ということを考えていないことです。

当然そんなことは皆さん考えているかもしれませんが、病院に行くときちんとした説明もされずに送りで様子見ましょうとか、画像に問題ないからお薬で散らしましょう・・・なんて多くの方がそんな対応をされています。

それではきちんとよくなるものもよくなりませんよね?

そして薬をずっと続けると様々な体調不良が起きてくるんです。

その事を知っていましたか?

では頭痛は何から起こるか?

では頭痛は何から起こるのか?

これを考えましょう・・・

まず大きく分けて頭痛には緊張型頭痛・偏頭痛・群発性頭痛とあります。

緊張型頭痛の場合・・・

このタイプの頭痛は簡単に言うと肩こりから発生する頭痛です。

肩甲骨回り、頸部、頭部は筋膜という膜でつながっています。

根本の原因は頭ではなく、首や肩周囲にある場合にこのような頭痛が起きます。

鑑別の方法としては必ず肩こり・首凝りがともなうという現象が起きます。

従って、緊張型頭痛の場合、根本となる首凝り、肩こりの原因を突き止めることが最重要課題となります。

首凝り、肩こりがそうでもないのに頭痛が強く出るという場合は緊張型頭痛ではない場合が多いです・・・

偏頭痛・群発性頭痛の場合・・・

これは頭蓋の筋膜が硬くなるために起こります・・・

ではなぜ頭蓋の筋膜が硬くなるのか?とうことを考えなくてはなりません・・・

人間の体は筋膜という組織で全身を覆われています。

そのなかで特に偏頭痛と関係が深いのは食なんです。

私たちは毎日の食の影響から栄養を吸収し、体を構成しています。

その食の影響を知らずに体に悪いものを食べ続けたらどうなると思いますか?

私たちはいつも知らず知らずのうちに、体に悪いものを内臓を酷使しているんです。

その内臓は体の腹腔の中で

肝臓⇒肝鎌状間膜、肝胃間膜、肝十二指腸間膜、靭帯を介し前腹膜(臍)、胃、十二指腸、膵臓

胃⇒胃脾間膜、胃十二指腸間膜、肝胃間膜を介し脾臓、十二指腸、肝臓

脾臓⇒脾臓ひだ、胃脾臓間膜、靭帯を介した左腎臓、胃、肝臓

腎臓⇒横行結腸間膜を介し、横行結腸

腹膜⇒虫垂間膜、S状結腸間膜、腸間膜を介し虫垂、S状結腸、上位腰椎・回盲部とつながります。

このように体にある悪いものを食べ続けて内臓に疲労を起こすと

内臓が硬くなってしまします。内臓も平滑筋という自律神経に支配された筋肉だからなんです。

筋肉痛を起こした筋肉は硬いですよね・・・それと同じです。

このように内臓が疲労を起こすと腹腔の中でまず横隔膜が引っ張れます・・・

横隔膜が引っ張られると胸膜が引っ張れます。

胸膜は頸部の筋膜と連結し頭部へと達します。

そうすると頭部の筋膜に硬さができ初め、頭部の筋膜に歪みが生じ、頭蓋に歪みが生じます。

この結果として、脳脊髄液の流れが滞り、1次呼吸が阻害されます。

脳脊髄液とは脳の老廃物の排泄と栄養の供給をつかさどる重要な液体であり

この循環が1次呼吸が阻害されることで阻害されてしまいます。

そうすると脳の老廃物の除去と栄養の供給が滞るので脳の働きが支障をきたし、様々な自律神経症状が発症します。

その中の一つが偏頭痛と群発性頭痛です。

これが偏頭痛・群発性頭痛が起こるメカニズムです。

何故頭痛は薬では治らないのか?

 

先ほども書きましたように頭痛の本体は日常生活の姿勢もしくは食習慣から来ます。

これを直さずして薬だけのんで果たして治るでしょうか?・・・

そこを真面目に考えなくてはなりません。

お薬は一時的なものではないですか?

治っていると思われている方がいるとしたらなぜ今現在も薬を飲んでいるのでしょうか?

それは治っていないから飲んでいるのではないですか?

しかし、このように日常生活のちょっとしたところに治らないと思っていた症状への糸口があることがあります。

薬は姿勢を治してくれるでしょうか?食事の体に悪い添加物を解毒してくれるでしょうか?

これが薬を飲んでも治らない頭痛が増えている理由です。

頭痛を治すにはどうするのか?

まずは根本は緊張型頭痛の場合は姿勢に問題があると言いましたよね・・・

その場合には姿勢を徹底的に修正する必要があります。

ではよい姿勢とはどんな姿勢か・・・これを知らないとなりませんね(^^♪

ちなみにですが良い姿勢に習慣として修正することができる期間は2~3か月間かかるといわれます。

たかが姿勢、されど姿勢です。甘く考えてはいけませんよ(^^)/

いかがでしたか?

このような姿勢きちんとしなければよい姿勢とは言えません。

また、いい姿勢でいる気になっているだけで、きちんと見るといい姿勢でない場合もありますので注意してくださいね。

偏頭痛・群発性頭痛の場合は

まずは食の影響を知らなければなりません・・・

何を食べてよいのか、何が悪いのか・・・まずはそれを知ることです。

それを修正して、頭蓋の歪みを修正する治療が必要です。

でなければかなり長い期間を要するか、治り切らない場合もあります。

要は頭蓋の歪みを修正して、脳脊髄液の流れを正常に戻し、脳の視床下部脳・・・ひいては下垂体の働きを

活性化し、自律神経症状を抑えなければならないんです。

まとめ

以上のことをまとめます。

緊張型の場合、

①姿勢からくる肩こり・首凝りと関係が深い

②姿勢は一長一短には治らない・・・

③姿勢は一度きちんと専門家に評価してもらうべきです。

④長い年月かけて悪い姿勢を作り出した習慣の改善は最低でも2~3か月かかる。たかが姿勢・されど姿勢です。

偏頭痛・群発性頭痛の場合、

①食の影響と頭蓋の歪みの関係は深い

②食の知識は深くきちんと知らなければ、食は簡単には治らない。

③頭蓋の歪みはきちんと修正しなければ、食だけでは長期間かかるか、治らないことがある。

④頭蓋の歪みは内臓とも深い関係があるので、体調不良も一緒に改善する方が良い。

以上でしょうか(^^)/

次回はもう少し頭痛のことを掘り下げて書こうかと思います。

皆様も似たような症状でお困りではないですか?
当院であればそのお力になれるかもしれません。

こちらの記事もおすすめです
→【栃木県小山市の整体で肩こり、腰痛、体質改善で超有名なフィジカルケア治療院 改善率92.5%を誇る3つの理由とは?

→【病院、整体、マッサージ、接骨院で治らない片頭痛が改善した秘密・・・

→【10年前からの慢性的なヘルニアが解消された小山市のお客様

小山市の整体で腰痛・肩こりを改善したい方はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ホームページ

当院は栃木県の小山市だけでなく、宇都宮市、下野市、栃木市、野木町、佐野市、足利市、真岡市、鹿沼市、壬生町、上三川町、益子市、茂木町、芳賀町、日光市、市貝町、高根沢町、那須烏山市、那須塩原市、塩谷町、矢板市、大田原市、茨城県結城市、古河市、つくば市、下妻市、筑西市、坂東市、八千代町、桜川市、五霞町、常総市、水戸市、埼玉県行田市、久喜市、蓮田市、加須市から

小山フィジカルケア治療院へお客様がたくさん来てくださっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA