小山市、結城市の整体でスポーツによる痛みも解消できるフィジカルケア

フィジカルケアの佐藤正史です。

標榜の通り当院ではよく肩こりや腰痛、坐骨神経痛の方が多く来られます。

しかし病院勤務時代、様々なスポーツ選手を見てきたことからスポーツ選手の痛みを治療することもしています。

特に栃木県小山市、栃木市、茨城県結城市、古河市からは良くスポーツ障害のお子様、成人の男女の方が来られます。

そもそもスポーツ障害って何?

スポーツ障害とはざっくりいうと使い過ぎが原因です。

これはスポーツとは一定の決まった動作を何回も繰り返しますよね・・・

この繰り返しの中で使う筋肉、使わない筋肉が出てきます。

この使う筋肉の使い過ぎ(overuse症候群)なんです。

これは野球肩、肘、テニス肘、手首の炎症、膝の鵞足炎、腸脛靭帯炎、オスグッドシュラッターなど様々ありますが、

一定の動作のやりすぎとその疲労度が抜けずに、次の日に同じ動作を繰り返す・・・

そうすることで疲労が蓄積されていきます。

これが一定レベルを超えたときに痛みとなって出現します。

これはいわば、ある筋肉を使いすぎたことによる体の歪みと捉えることができます。

そしてその疲労の蓄積された筋肉は筋膜のラインを伝って別の場所に痛みを作り出すこともあります。

皆さんは痛みが長期間になると別の場所に痛みが出てきたなんてことはないですか?

もしくは現在そうなっていないですか?

これはスポーツ障害でなくとも腰痛、肩こりなどでも同じことが言えます。

考えは一緒です。

肉体労働であれば中腰が多いですよね・・・重いものを持っているはずです。腰の使い過ぎではないでしょうか?

同じように肩こりは不良姿勢から起こることが多く、頭部前方位になっていることで肩の筋肉に負担をかけ続けます。

頭部の重さを肩の筋肉がずっと支え続けているのが原因です。

これらはスポーツ障害と同じ考え方ができます。いわば使い過ぎなんです。

ですからスポーツ障害といえど腰痛、肩こりといえど考えは一緒なんです。

その痛みが起きている場面がスポーツなのか?仕事の場面なのかの違いがあるだけで体の歪みから痛みが生じるという点では一緒です。

ですからスポーツ障害であろうと特別な治療が必要ということはありません。

小山市の整体フィジカルケアで行っている筋膜リリースであれば過去からの歪みを修正すれば十分に治すことが期待できます!

スポーツ障害であろうとも筋膜リリースは非常に有効です!

同じことの繰り返しになりますが、腰痛や肩こりでもスポーツ障害でも基本的な考えは変わりません。

同じ動作で使い続けた筋肉は疲労がたまると硬くなります。

硬くなると筋肉の中にある毛細血管が圧迫されます。これは筋肉の収縮、弛緩がうまくできないために起きるんです。

本来筋肉は筋繊維の滑走によって収縮と弛緩が起きて、筋肉の中にある毛細血管を圧迫と弛緩(ミルキングアクション)することで血流の促進を助けています。

しかしこの作用が起ききにくくなると血流にのって届く酸素と栄養の運搬が悪くなっていしまします。

そうすると組織代謝が行われなくなるので、その筋肉は冷えやすくなります。

そうすると筋肉の硬結という状態が出来上がり筋膜の硬さを作り出します。

筋膜の硬さが出来上がるとその筋膜ラインとしてつながり合う別の場所にも筋膜の高密度化という硬いポイントを作ります。

筋膜の高密度化はコラーゲン繊維とエラスチン繊維の重なり合いが凝集化した場所であり、その場所では脱水が起きてヒアルロン酸の濃度が高くなるという現象が起きます。

ヒアルロン酸の濃度が高くなると筋膜の粘性が増しますのでコラーゲン、エラスチンの滑走が悪くなります。

そうすると筋出力の阻害が出ます。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

筋出力の阻害が起きると別の場所に頼らざる得ないので、筋膜ラインに乗った別の筋肉を使いだします。

これが痛みが連鎖していくメカニズムです。

ですからこの筋膜の高密度化を正常に戻すことができる筋膜リリース(筋膜マニピュレーション)はスポーツ障害にも腰痛にも肩こりにも有効といえます。

小山市の整体フィジカルケアで治療してスポーツ復帰したお客様の声

栃木県栃木市在住 バスケ部で、炎症と診断され包帯を巻いてきた足首の痛みの小学生 

栃木県小山市在住 3年前から続く野球肩でお悩みの大学生 滝口様

1.今までにどのような痛み、痺れに悩んでおられましたか?それはいつからですか? 

3年ほど前から野球の投球の際に痛みが出て、期間を空けても痛みが出てきてなかなか治らなかったです。接骨院で治療しましたが良くならず治してくれるところを探していました。

2.その痛みをとるために今までどのような治療をされてきましたか? 

接骨院でのマッサージや電気治療。

3.その治療はどんな効果がありましたか? 

その時だけ痛みが和らいで、またすぐ戻る。

4.何が決め手となり、当院で治療されようとおもったのですか?

HPを見たのと根本から原因を取り除くという言葉。

5.私の施術と今までの施術はどのようなところが違いましたか? 

自分でもできるトレーニングなどを教えてもらい、なぜそれが必要かどのような効果をもたらすかを説明してくれたところ。

6.どのような方に当院をすすめたいですか? 

私と同じようにスポーツ障害や野球方で悩んでいる方。なかなか痛みの取れない方。

7.同じような悩みを抱えている方へメッセージをください。

トレーニングは地味かもしれませんが継続すれば必ず治ります!少しでも悩んでいる方は是非通ってみてください!

免責事項:個人の感想であり、効果効能を必ず保証するものではありません。

まとめ

いかがですか?

小山市の整体フィジカルケアでやっている筋膜リリース(筋膜マニピュレーション)が有効な理由とスポーツ障害の考え方について書きました。

要はどこの少年団もスポーツ団体もアフターケアができていないということになります。きちんとトレーナーさんがいることろはやってはいると思いますが・・・

それでもある程度はスポーツは激しいですから障害はおきてしまうものです。

ですからやはり悪くなりきる前に治療を受けるのが一番いいですよね・・・

違和感や軽い痛みであっても早めに対処されるのがベストと感じます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらの記事もおすすめです
→【小山市、古河市の整体で膝の痛みが治るで有名な治療院フィジカルケア

→【栃木県小山市の整体で唯一筋膜リリースを使い骨盤矯正をする整体院フィジカルケア

→【栃木県小山市、栃木市の整体で片頭痛が治るで有名な小山フィジカルケア

小山市の整体で腰痛・肩こり・頭痛を改善したい方はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ホームページ

当院は栃木県の小山市だけでなく、宇都宮市、下野市、栃木市、野木町、佐野市、足利市、真岡市、鹿沼市、壬生町、上三川町、益子市、茂木町、芳賀町、日光市、市貝町、高根沢町、那須烏山市、那須塩原市、塩谷町、矢板市、大田原市、茨城県結城市、古河市、つくば市、下妻市、筑西市、坂東市、八千代町、桜川市、五霞町、常総市、水戸市、埼玉県行田市、久喜市、蓮田市、加須市、遠くは徳島県から

小山フィジカルケア治療院へお客様がたくさん来てくださっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA