小山市で手足の痺れを治療するなら筋膜リリースのフィジカルケアで!

栃木県小山市にあります、筋膜マニピュレーションで手足の痺れを治すフィジカルケアの佐藤正史です。

今回は皆さまもよくお悩みの手足の痺れについて書いていこうと思います。

手足の痺れはよく整形外科では腰からとか頸椎からとか言われますよね・・・

しかしそれは本当の原因ではないことが多いのです・・・

本当の原因は体のゆがみにあるんです。

体には神経の圧迫部位が至る所にある

神経には皆さんが知っている大きなくくりでの神経以外にも、末端で枝分かれする皮神経というものが存在していて、皮膚感覚を支配しているものがあります。

神経はこのように皆さんが思っているよりも複雑で枝分かれしているんです。

皆さん、大体痺れがあると先に行くのは整形外科ですよね。

レントゲンを撮って腰椎、頸椎に問題があるといわれ、薬、電気治療で様子を見るなんて定番のパターンです。

中にはリハビリがあり、きちんと見てくれる病院もあります。

しかし大半の方は先に述べたような治療で様子を見ている方がほとんどではないでしょうか?

しかし、この治療の仕方は大きな問題があるのです。

後でも書きますが、痺れの本体は体の歪みである場合が多いからなんです。

これを放ったまま自己治癒能力にとよった薬治療をすると歪みが取れないまま日常生活に復帰するので再発しやすくなるのです。

現に神経というのは人体の中の隙間があってそこを走っているのではなく、筋肉と筋肉の合間を縫って走行しているのです。血管もそうなんです。

ですから筋肉の一方に硬さがあって収縮と弛緩がしずらい状態があったとします。

本当の柔らかいはずの筋肉ですが硬くなっていると、そこを縫って走っている神経にいらない摩擦が加わります。

それが四肢末端の痺れになるのです。

もちろん、腰椎や頸椎からその痺れが称している場合もあります。ですが末端の方で痺れが生じていることもよくあります。

ですから痺れているから手術というのはあまりにお粗末なんです。

それが何の原因かをきちんと見極められるのが重要ですね。

私の知る限りそれは整形外科医ではありません。理学療法士が一番それを判断する知識を持っていると言えます。

整形外科医は画像診断の知識は持っていても、筋肉と筋膜の全身の繋がり、歪みとその症状の繋がりを理解している人はほとんどいません。

私が病院勤務の中で13年間見てきた整形外科医でそのような知識を持っているのは一握りしかいません。

手足の痺れは手術してはいけない!!

なぜこんなことをいうのかというと、簡単に言えば痺れは手術しても治らないケースが多いからです。

それは先にも言いました通り、坐骨神経痛のように腰からつま先までつながっているような痺れは腰椎から来ているケースが多いです。

しかし、手足に痺れがあるというケースも少なくはありません。

そのような場合は筋肉の中を通っている皮神経が筋膜と通過して皮膚にいたるところで圧迫を受けて痺れが出るという事もよくあるのです。

ですから当院では体の歪みから出てくる筋膜の硬い部分にアプローチすることでその痺れを取る作業をしています。

筋膜の硬い部分を高密度化といいますが、それはただ単に起きるわけではありません。

長年の姿勢、動作の繰り返しの中で筋膜の高密度化が起き、体の歪みになっていくのです。

これが手足の痺れに対して安易に手術という選択肢を取ってはいけない理由です。

体の歪みを修正すれば痺れが治るわけ

この写真の図のように体の歪みは痛みがあるところだけでなく、体全体に波及

例えばの話をします。

手足に痺れのあった患者様のお写真です。

この患者様は左手の4番目、5番目の指に痺れのあった患者様です。

上の写真を見ていただくと体が左に傾いているのがわかるでしょうか?それを白の矢印で表しています。

この歪みにより左肩が下がり同時に左の肩甲骨が下がるという事が起きています。

そうすると肩は下方に落ちる力が働きます。しかし人間の体はそれが進行しないようにうまいこと止めるんです。

それを左の肩から首の部分の筋肉が上に吊り上げることでこれ以上肩が落ちないように働いています。

しかし、この状態が数年続くと左に体が通れるという力は変わらないので、左の肩が下がり左腕の内側の筋膜が硬さを作り出します。

その筋膜の肩さが上腕、前腕と伝い左手に痺れを作りだすんです。

また横から見た姿勢では頭部前方位の姿勢となっており、頭の重さを支えるために肩に力が入りやすい状態が生まれています。

この状態と上の写真の歪みが原因となり左腕の筋膜を伝い手に痺れを出していました。

これは内側の筋膜ラインや腰部の筋膜を修正することで痺れがなくなっています。

この患者様は左の変形性膝関節症とともに左足に痺れが称していた患者様です。

通常整形外科ですと、上の写真の歪みは無視され腰椎からくる痺れです・・・

なんて言われると思います。

この方は過去に事故で左大腿骨を骨折して手術をした過去がおありでした。

それが原因となって大腿の外側に筋膜の硬さを作り出し、膝を外側に引っ張り出して、変形性膝関節賞を作り出していただけでなく、下腿の筋膜も引っ張って足に痺れを出していました。

大体の外側を中心に腰部の筋膜も大腿の方に引っ張られていたので、体が左に少し湾曲しています。

その結果左肩があがり、右肩が落ちるという歪みになっています。

その結果として肩こりも起き時折頭痛もある糖状態でした。

しかし、大腿の筋膜と下腿の筋膜と腰部の筋膜を緩めた結果、痺れは消失しています。

このように筋膜の硬さはただその子作り出されるものではなく、過去の手術や骨折、姿勢・動作の影響から歪みが始まり、その結果として作り出されるものだという事を覚えておいてくださいね。

小山市の整体で手足の痺れを治療したお客様

茨城県結城市在住 人差し指に生じた痺れと痛みにお悩みのお客様

茨城県結城市在住 ガングリオンといわれ続けた手の痛みにお悩みのお客様
栃木県小山市在住 腰痛と大腿・下腿にはないが両足にある痺れにお悩みのお客様 吉江様

1.今までにどのような痛み・痺れに悩んでいましたか?それはいつからですか?

10年前まらの足部の痺れ、腰痛。

2.その痛みを取るためにいままでどのような治療をしてきましたか?

整体、鍼、ペインクリニック

3.その治療はどんな効果がありましたか?

一過性。

4.何が決め手となり、当院で治療されようと思ったのですか?

フィジカルケアのチラシがポストに入っていて内容に惹かれました。

5.私の施術と今までの施術はどのようなところが違いましたか?

なぜこんなことで治ってしまうのか不思議です。痛み痺れがどんどん消えていきました。

6.どのような方に当院を勧めたいですか?

どこに行っても何をやっても治らない方に勧めたいです。

7.同じ悩みを持っている方にメッセージをください。

先生を信じて治療を行えば必ず治ると信じてください。

まとめ

いかがでしょうか?

このように手足の痺れ痛みは画像で起きているというよりは、体の歪みからくる筋膜の硬さによって作られる場合が非常に多いです。

それは筋肉を貫いて皮膚に到達する皮神経が関与しています。そして神経の枝分かれは皆さんが思っているよりも豊富でいたるところに神経は走っています。

それらは筋肉・筋膜の動きの悪さによって痺れ、痛みが生じることをお伝えしました。

もしこのようなことでお悩みの方がいましたら小山市にある当院の筋膜治療でお役に立てるかもしれません。

こちらの記事もおすすめです
→【頭痛治療なら整体で効果が実感できる理由!筋膜を扱う整体師にお願いするべき6つのポイント

→【腰痛治療なら整体で効果が実感できる理由!筋膜を扱う整体師にお願いするべき5つのポイント

→【小山市で産後の整体を受けるならフィジカルケアで決まり!お客様の声あり。

小山市の整体で腰痛・肩こり・頭痛を改善したい方はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ホームページ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第2ホームページ】腰痛、肩こり予防体操など載せています!!

当院は栃木県の小山市だけでなく、宇都宮市、下野市、栃木市、野木町、佐野市、足利市、真岡市、鹿沼市、壬生町、上三川町、益子市、茂木町、芳賀町、日光市、市貝町、高根沢町、那須烏山市、那須塩原市、塩谷町、矢板市、大田原市、茨城県結城市、古河市、つくば市、下妻市、筑西市、坂東市、八千代町、桜川市、五霞町、常総市、水戸市、埼玉県行田市、久喜市、蓮田市、加須市から、遠くは徳島県から

小山フィジカルケア治療院へお客様がたくさん来てくださっています。

フィジカルケアの詳細

院名 フィジカルケア
院長 佐藤正史
診療項目 腰痛、肩こり、頭痛、不妊症、スポーツ障害
所在地 栃木県小山市神鳥谷1-21-11
電話番号 070-1401-1451
最寄り駅 JR小山駅
連絡方法 お問合せフォーム
駐車場 当院の目の前にお停めください
営業時間 9:00~20:45
休診日 不定休
URL http://小山市整体.xyz/

Google Map

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA