小山市の整体で、肩こりからくる眼精疲労も取り去るフィジカルケア

栃木県小山市にあります、筋膜マニピュレーションでお客様を救うフィジカルケア代表の佐藤正史です。

今回は良く頭痛・肩こりにありがちな眼精疲労についていきます。

私たちからすれば眼精疲労は普通に取れる症状なんです。

しかし、何も知らないお客様からしたらこの頭痛や肩こりと眼精疲労は別物と考え眼科に行ったが、なかなか良くならない・・・

なんてことはあるあるです。

何故眼精疲労は慢性の肩こり・頭痛に付随するのか?

上は筋膜の繋がりの図、下は自律神経症状と関わりの深い後頭下筋群の図です。

このように後方の筋膜の繋がりは目の上まで達しています。

これ以外にも筋膜の繋がりは目まで達しいるものが何本かあります。

この繋がりにより肩こりがあると眼精疲労やめまいを起こすことがあります。

また、

下の写真を見ると頸椎の後方には後頭下筋群といって小さな筋群の塊があります。

この筋肉は非常に重要な役割をはたしていて、この筋肉の硬い硬くないが姿勢に影響するといわれます。

それだけでなく、この筋肉は脳とも密接な関係を持っていて大脳皮質、小脳、視床下部と連絡を取っています。

その為めまい、眼精疲労、吐き気、耳鳴りなどのような症状も付随するのです。

ではこの筋肉は主に何の原因によって硬くなるのでしょうか?

それは不良姿勢(悪い姿勢)です。

このような姿勢をとると頭部が前方に出てしまいます。

それに伴い肩は後方に移動します。

このときに頭部を支え続けるのが頸椎と胸椎の後方にある筋肉なんです。

この姿勢の持続によって後頭下筋群の筋肉は次第に硬くなっていきます。

そしてこの状態が1年、2年、3年と続いたとき、後頭下筋群が硬くなりすぎて、頭部の筋膜を介し眼精疲労やめまい、吐き気、耳鳴りなどの症状が出現します。

従ってそれらの症状は別物でないことを覚えていてください(^^)/

筋膜の繋がりと作用を考えればきちんと整体による筋膜治療で修正することは可能です!

眼精疲労は別物として考えてはいけない!

前の項目で述べたように、眼精疲労は多く場合眼科では残念ながら治りません。

薬で抑えるのがやっとだと思います。

それは筋膜の繋がり、姿勢の影響を考えていないからです。

ですから、肩こりと頭痛これらの症状と眼精疲労は非常に良く合併するのです。

後方の筋膜は頸部の後方、頭部の後方、頭部の頭頂、頭部の前面、目へと確かなつながりを持っており後方から引っ張られることで眼精疲労が起きます。

頭部の筋膜が硬くなるとなぜ自律神経症状が出るか?

頭部というのは一次呼吸という呼吸をしていることはご存知ですか?

この一次呼吸というのは頭蓋骨の膨張と収縮のことで、この作用は皆さんが気づかないだけで誰にでも起きている現象です。

これは脳の周りを満たす脳脊髄液という液の循環によって起こるのです。

頭部の筋膜が硬くなっていると、この一次呼吸が阻害されます。

阻害されると脳脊髄液の循環が滞ります。

この脳脊髄液は脳に栄養を供給したり、老廃物を流す役割を持っています。

従ってこの循環が滞るという事は脳の代謝にも影響を及ぼすので、正常に脳が機能しなくなるのです。

それに伴って自律神経症状が出現し始めます。

また、それに付随し、姿勢の悪い人などは後頭下筋群の影響も受けるので問題が複雑化することもあります。

これら両方の影響によって自律神経症状が出る可能性もあるからなんです。

しかし、硬くなった筋膜を緩め、一次呼吸を元に戻すと薬で解消されなかった症状も解消されることが多くの場合あります。

これが眼精疲労やその他の吐き気、耳鳴り、めまいなども治っていくメカニズムです。

小山市の整体で頭痛とともに眼精疲労も改善したお客様

茨城県坂東市在住 夫婦でお通いいただいた慢性的な首肩こりとそれに付随する眼精疲労にお悩みの会社員 石塚様

1.今までにどのような痛み・痺れに悩んでいましたか?それはいつからですか?

2年前から、クビと肩こりがありました。時折目の奥が疲れることもありました。

2.その痛みを取るためにいままでどのような治療をしてきましたか?

整骨院

3.その治療はどんな効果がありましたか?

治療直後は楽になったがすぐに再発した。

4.何が決め手となり、当院で治療されようと思ったのですか?

インターネットで首コリで検索したらトップに出てきた。

5.私の施術と今までの施術はどのようなところが違いましたか?

生活習慣の指導やセルフケアの指導をしっかり行ってくれるところ。

6.どのような方に当院を勧めたいですか?

長年痛みに苦しんでいる方、早期に回復を希望している方。

7.同じ悩みを持っている方にメッセージをください。

日常の姿勢を最前する必要があり、具体的に指導していただきました。セルフケアを継続して再発しないようにする努力は必要です。先生にそのアドバイスをいただいたらどうでしょうか?

茨城県坂東市在住 慢性的な肩こりと眼精疲労にお悩みの会社員 石塚様

1.今までにどのような痛み・痺れに悩んでいましたか?それはいつからですか?

20歳の頃からひどい肩こりがありました。最近は腰痛もありました。

2.その痛みを取るためにいままでどのような治療をしてきましたか?

整骨院でマッサージやシップをしてもらっていました。

3.その治療はどんな効果がありましたか?

今思えば一時的に肩が軽くなっただけで翌日にはまた元の痛みが出ていました。

4.何が決め手となり、当院で治療されようと思ったのですか?

主人が治療に通い始めて、すぐに首の痛みが取れ、楽になったというのを聞いて是非受けてみたいと思いました。

5.私の施術と今までの施術はどのようなところが違いましたか?

今までの悪い点を根本的なところから改善していくことの重要さを教えていただきました。私の場合は、不良姿勢からくる肩こりでした。セルフケアの方法などを教えていただき、それをすればするほど、肩の思い状態が軽くなり、気持ち良さに変わっていくのを感じる事が出来ました。

6.どのような方に当院を勧めたいですか?

肩こりで悩んでいる全ての方へ、前向きな気持ちで治ると信じて受け入れてみて欲しいと思います。

7.同じ悩みを持っている方にメッセージをください。

まずは先生の治療を受け入れて、体で実感してみてください。きっと今までより心から笑顔になれるはずです。

まとめ

いかがでしょうか?

肩こりとそこからくる眼精疲労や自律神経症状は無関係ではないことを書きました。

皆さまも同じような症状でお悩みなら、是非これを読んで私もそうかもと思っていただけたら幸いです。

人間の体は一つでつながっており、別の症状だから別のところで診る、ということの方がかえって良くないこともあります。

当院の整体治療は筋膜を介して、全体の問診と治療をしていきます。

是非皆様のお役に立てたら幸いです。

こちらの記事もおすすめです
→【栃木県小山市の整体で肩こり、腰痛、体質改善で超有名なフィジカルケア治療院 改善率92.5%を誇る3つの理由とは?

→【病院、整体、マッサージ、接骨院で治らない片頭痛が改善した秘密・・・

→【10年前からの慢性的なヘルニアが解消された小山市のお客様

小山市の整体で腰痛・肩こりを改善したい方はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ホームページ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第2ホームページ】腰痛、肩こり予防体操など載せています!!

当院は栃木県の小山市だけでなく、宇都宮市、下野市、栃木市、野木町、佐野市、足利市、真岡市、鹿沼市、壬生町、上三川町、益子市、茂木町、芳賀町、日光市、市貝町、高根沢町、那須烏山市、那須塩原市、塩谷町、矢板市、大田原市、茨城県結城市、古河市、つくば市、下妻市、筑西市、坂東市、八千代町、桜川市、五霞町、常総市、水戸市、埼玉県行田市、久喜市、蓮田市、加須市から、遠くは徳島県から

小山フィジカルケア治療院へお客様がたくさん来てくださっています。

フィジカルケアの詳細

院名 フィジカルケア
院長 佐藤正史
診療項目 腰痛、肩こり、頭痛、不妊症、スポーツ障害
所在地 栃木県小山市神鳥谷1-21-11
電話番号 070-1401-1451
最寄り駅 JR小山駅
連絡方法 お問合せフォーム
駐車場 当院の目の前にお停めください
営業時間 9:00~20:45
休診日 不定休
URL http://小山市整体.xyz/

Google Map

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA