病院で診断された、治らない頭痛の原因を紐解く小山市のフィジカルケア

栃木県小山市にあります、筋膜専門の治療院フィジカルケアの佐藤正史です。

今回は頭痛の原因とどのように見極めるかを書いていこうかと思います。

特に偏頭痛、緊張型頭痛は見分けがつかないことが多いです。群発性頭痛も痛みの特徴はありますが意外とそうでないこともあります。

各頭痛はどのように診断するか?

最初に言いましたが頭痛には3種類あります。

1つ目は緊張性頭痛、2つ目は偏頭痛、3つ目は群発性頭痛。大体この3つに分かれます。

この3つは起きている原因自体が違うため別の対処が必要になります。

ですから治療を始める前にどの頭痛なのか?を正しく理解しないと治療そのものが成り立たなくなります。

ですから当院では問診をどこよりも詳しく取っています。

この問診がおざなりになってしまうと間違った対処で治療が進んでしまいます。

ちなみに頭痛薬を飲むという行為は原因をほっておいてとりあえず痛みだけを麻痺させるという根本治療からは程遠い行動なんですよ・・・

人間心理は薬だと簡単に痛みが取れるのでそれに頼りたくなりますよね・・・

それが依存への始まりですよね・・・

では問診でどのように判断していくかを書いていきます。

まず緊張型なのか?偏頭痛・群発性なのか?の違いですがこれは意外と簡単です。

緊張型であれば肩こりが原因ですから頭痛がしているときに肩凝りも同時併発しています。

なかには肩こりと、偏頭痛が混在している場合もあります。

しかし、肩こりが常にあっても頭痛が起きているときに肩凝りが強くなっていないのであれば偏頭痛・群発性の可能性が高いです。

逆に肩こりが強いときに頭痛が起きているのであれば緊張型頭痛であることが多いです。

またきちんとした問診も行わなければなりません。

それは時系列で判断するという事なんです。

まず緊張型であれば肩こりが原因ですから、肩こりが起き始めた時期よりも先に頭痛があったら沖しいですよね・・・

ですから必ず緊張型の場合は頭痛よりも先に肩こりがなければなりません。

偏頭痛・群発性の場合は両方先にあること、後にあること両方ありますが肩こりよりも先に頭痛がある場合は緊張型でない場合が多いんです。

では偏頭痛と群発性の見分けですが基本的には頭痛の場所の違いによってわけられます。

群発性頭痛の場合は目の中がえぐられるような痛みとして痛みが出ることがあります。

偏頭痛は片側であることもあるし、両方の場合もありますが横から頭頂部、額の辺りに出ることが多いです。

これら二つは肩こりとは独立して頭痛が起こります。

  緊張型頭痛 偏頭痛 群発性頭痛
画像診断 画像上問題なし 画像上問題なし 画像上問題なし
痛みの場所 側頭部や後頭部が痛い 側頭部や頭頂部、額 目の奥の激しい痛み
痛む時 肩こりと同時に起こる 単独で起こる 単独で起こる
原因 慢性的肩こり 食の問題、頭蓋の筋膜の硬さ 頭蓋の筋膜の硬さ
対処 肩こりの解消 頭蓋筋膜の開放 頭蓋筋膜の開放
なぜ改善するか? 肩こりからの波及の解消 一次呼吸がしやすくなるため 一次呼吸がしやすくなるため

一次呼吸がわからない人はこちらへ・・・

このようにある程度問診することでどの頭痛かの区別は出来ます。

大体緊張型か偏頭痛・群発性頭痛のどちらかを判別します。

偏頭痛と群発性は治し方が一緒ですので・・・

各頭痛の原因は何か?

 
緊張型頭痛の場合

肩こりからくる筋膜の流れで起こります。

先の表では大腿の痛みの出る場所を書きましたが実際には多種多様です。

症状も吐き気や耳鳴り、めまいも伴います。

緊張型はあくまで肩こりが根本ですから、この流れを治療するというよりは肩こりを起こしている根本の原因が何かを探ることが一番の近道です。

それはなんでわかるかというと、きちんと問診を聴取することです。

どの様な時に痛くなるのか?どのような時に痛みが軽くなるのか?を専門家の知識できちんと聴取することです。

偏頭痛の場合

これは内臓と頭蓋の筋膜の関係を知ることが重要です。

これを知りたい方はこちら

では内臓がなぜ関係あるかですよね・・・

内臓は食の問題で疲労を起こします。

その疲労が筋膜を引っ張り頭蓋に歪みを作るお話しを載せています。

群発性頭痛の場合

これも問題は同じです。

痛みの原因は違っても、根本の問題は同じなんです。

これは食の問題によって生理痛が起きたり、便秘が起きたり、生理不順ご起きたり、アトピーが起きたりとありますがこれはその人の生活習慣と何を食べているかによって出てくる症状が決まります。

これと考えは一緒です。ただ起きている原因が違うだけで問題は一緒なんです。

小山市の筋膜治療院フィジカルケアで頭痛の診断と治療を受けたお客様

茨城県結城市在住 慢性的な肩こりと頭痛で鎮痛薬が手放せなかったお客様 稲葉様

1.今までにどのような痛み・痺れに悩んでいましたか?それはいつからですか?

30年前から肩こりと頭痛で悩んでいました。

2.その痛みを取るためにいままでどのような治療をしてきましたか?

マッサージ、鍼灸、漢方薬、鎮痛薬(特に鎮痛薬はほぼ毎日。一日に4回飲むこともしばしば)

3.その治療はどんな効果がありましたか?

一時的な気休めでした。

4.何が決め手となり、当院で治療されようと思ったのですか?

肩こりを解消する方法をインターネットで調べていて目に止まりその中で治療された方の書き込みを読んだ。

5.私の施術と今までの施術はどのようなところが違いましたか?

マッサージはその時だけの癒しにはなったけど治療ではなかった。フィジカルケアは自分でもやらなければならないことを教えてくれて、それがたった一つのことだったので億劫になることなくできました。そして自分でやって実感もできました。

6.どのような方に当院を勧めたいですか?

長年痛みに悩んでいる方。不快な気持ちで毎日を過ごされている方。薬を常に持ち歩いている方。

7.同じ悩みを持っている方にメッセージをください。

私の場合毎日鎮痛薬が手放せない状態でバッグの中に常備していないと不安でした。(依存症)それが不思議なほど今ではバッグに1粒も入っていません。通院されていた肩の声を信じてここにきてよかったです。ありがとうございました!!

茨城県筑西市在住 慢性的な偏頭痛、不眠症、めまい、胃の痛みにお悩みの中学生

1.今までにどのような痛み・痺れに悩んでいましたか?それはいつからですか?

数年前から毎日頭痛があり学校も休みがちで生活するのに支障がありました。

2.その痛みを取るためにいままでどのような治療をしてきましたか?

薬など病院を回ってきた。

3.その治療はどんな効果がありましたか?

一時的なものばかりで治らなかった。

4.何が決め手となり、当院で治療されようと思ったのですか?

母が見つけてくれたサイトを読んでそれがフィジカルケアでした。

5.私の施術と今までの施術はどのようなところが違いましたか?

今までの一時的なものではなく根本的に治してもらえた。

6.どのような方に当院を勧めたいですか?

私と同じようにいろんな症状で悩んでいる方。

7.同じ悩みを持っている方にメッセージをください。

治らなかった頭痛が治り、不眠症・めまいも治りますか?と聞いたら「治る」といわれました。本当に治りました。ありがとうございます!

まとめ

いかかでしょうか?

頭痛の原因ははおもに姿勢によるもの、食等の習慣によるもの、筋膜の硬さが複雑に入り混じります。

それを理解してご自分で対処するには限界があります。

また食だけで治そうとすると半年はかかります。

ですから筋膜を整えて、そこから食を変えていくのが一番の近道となります。

もし同じような症状でお悩みの方がいました当院にご相談ください!

こちらの記事もおすすめです
→【頭痛治療なら整体で効果が実感できる理由!筋膜を扱う整体師にお願いするべき6つのポイント

→【腰痛治療なら整体で効果が実感できる理由!筋膜を扱う整体師にお願いするべき5つのポイント

→【小山市で産後の整体を受けるならフィジカルケアで決まり!お客様の声あり

小山市の整体で腰痛・肩こり・頭痛を改善したい方はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ホームページ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
第2ホームページ】腰痛、肩こり予防体操など載せています!!

当院は栃木県の小山市だけでなく、宇都宮市、下野市、栃木市、野木町、佐野市、足利市、真岡市、鹿沼市、壬生町、上三川町、益子市、茂木町、芳賀町、日光市、市貝町、高根沢町、那須烏山市、那須塩原市、塩谷町、矢板市、大田原市、茨城県結城市、古河市、つくば市、下妻市、筑西市、坂東市、八千代町、桜川市、五霞町、常総市、水戸市、埼玉県行田市、久喜市、蓮田市、加須市から、遠くは徳島県から

小山フィジカルケア治療院へお客様がたくさん来てくださっています。

フィジカルケアの詳細

院名 フィジカルケア
院長 佐藤正史
診療項目 腰痛、肩こり、頭痛、不妊症、スポーツ障害
所在地 栃木県小山市神鳥谷1-21-11
電話番号 070-1401-1451
最寄り駅 JR小山駅
連絡方法 お問合せフォーム
駐車場 当院の目の前にお停めください
営業時間 9:00~20:45
休診日 不定休
URL http://小山市整体.xyz/

Google Map

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA