肩こりと頭痛の症状は連結します!

栃木県小山市にあります筋膜専門の治療院フィジカルケアの佐藤 正史です。

今回は肩こりと頭痛の関係性について書いていきます。

前回のブログでも書きましたが、皆さんも知っているように頭痛には偏頭痛、緊張型頭痛、群発性頭痛とあり、問診・検査~どの頭痛なのかを判断していく必要があります。

決して自分の判断で決めつけないでくださいね(^^♪

今回は肩こりと関係のある緊張型頭痛についてお話しします(^^)/

何故肩こりから頭痛は起きるの?

何故肩こりから頭痛は起きるか?

皆さん大体はテレビなどでも最近はやる事が多いですから知ってますよね(^^)/

まずはおさらいです。

ズバリ緊張型頭痛とは悪い姿勢から起こります!!

特にデスクワークの人に多いですね・・・

長時間座っていることが多いですから・・・

ちなみに大事な顔といいます。

姿勢が悪い人は肩こりにあります。それだけでなく頭痛が起きることは言いましたが生理痛、生理不順、逆流性食道炎、腰痛になります。

また代謝も悪くなるので冷え性や便秘になりダイエットも成功しにくくなりますよ。

もしこういうことに心当たりがあるならまずはきちんと姿勢から見直して、体を健康に持っていくために肩こりや腰痛などを治すべきです。

少し話がずれましたが、肩こりが治療だけで根本的に治る!!と思っている方はどのくらいいるでしょうか?

かたこりの根本は姿勢です。その姿勢を自分が治す努力をしない人に良い結果は伴いません・・・

せいぜい訪れるのは短期的な改善です。そのような方は絶対定期的にマッサージ、整体などに通い続けています。

それは治るものを治さずにいるからそうなってしまします。

ようはそれをきちんと伝えている人があなたの周りにいるか?という事ですね(^^)/

頭痛は写真にもあるように頭が突き出た姿勢を長時間続けると起きてきます。

それは頭の重さを肩回りの筋肉がずっと支え続けているからです。

その肩回りの筋肉は頸部、頭部へと筋膜を介して最後は目までつながっています。だから頭痛は起きるし、眼精疲労も起きます。

ですから根本が姿勢だったら治療だけして、姿勢変えなかったらまた元に戻るのは明白ですよね・・・

ですから良い姿勢を取りやすい体を治療で仕上げる。

そして良い姿勢がなぜ良いのか>の自己認識を図る・・・これが治療になくては根本治療は出来ません。

肩こりは放っておくと厄介?

前回にも述べましたが肩こりは放っておくと厄介です。

頭痛を初めとして、いろんな症状が合併してきます。

ここで肩こりの発生について考えます。

よく皆さん肩こりが起きてから何かが起きたと考えていますよね・・・

実は違います。

肩こりというのは長年の体に負担をかけ続けた結果として起こります。

ですから肩こり症状というのはまず不良姿勢によって肩回りの筋育に負担をかけ続けることから始まります。

負担をかけ続けた最初はまだそんなに肩こりって出ませんよね・・・

ですがどうでしょうか?何年も同じところに負担をかけ続けたら負担のかかっている筋肉は硬くならないでしょうか?

当然なりますよね・・・

ですから始まりは不良姿勢→筋肉に負担をかけ続ける→肩こり発症→筋血流の阻害が起きる→さらに肩こり悪化→頭痛が起きる→眼精疲労が起こる→生理痛などが起こる→最後に代謝が悪くなり冷え性になる・・・という順番で症状が悪化していきます。

この順番を知らずに薬を飲んだりしていませんか?

薬を飲んだら一時的に楽になるからいっか・・・と思っていませんか?

薬はまず体にとっては毒であるという事を忘れてはいけません。

解消するには?

私のところに来るお客様は大体長年肩こりに悩まされている方が多いです。

その状態を1回や2回で根本治療できると思っている方はどのに行っても治らない方です。

それは断言できます。

何故なら数回の治療で患者さんは姿勢の重要性、なぜ改善して何が必要かを理解することはないからです。

かつ体の歪みを取り去る前に治療をやめてしまったらまた元の姿勢に治療をやめた後戻っていく事は明白です。

ですから長年抱えた肩こりを治す作業というのは、肩こりが解消したら治療が終わりなのではありません。

体の歪み(不良姿勢)をきちんと楽にとっていられるまっで治療することが大事です。

本当にそうなるの?って思いましたか?

きちんと治療を続ければなります!!お客様の声を読んでください!

当院の筋膜治療で肩こりと頭痛症状を解消したお客様

栃木県小山市在住 慢性的な腰痛、肩こり、頭痛、頻尿、便秘が解消されたお客様

1.今までにどのような痛み・痺れに悩んでいましたか?それはいつからですか?

肩こり、頭痛、腰痛、冷えや便秘、頻尿と付き合い、約30年になります。

2.その痛みを取るためにいままでどのような治療をしてきましたか?

投薬、整体、鍼

3.その治療はどんな効果がありましたか?

一時的には痛みは和らぎますが、また日常に戻ると痛みはありました。

4.何が決め手となり、当院で治療されようと思ったのですか?

以前、娘がこちらでお世話になりました。娘も頭痛薬、湿布が離せない状態でしたが日常の生活、仕事が楽にできるようになったので私もお世話になろうと思いました。

5.私の施術と今までの施術はどのようなところが違いましたか?

いままで通ったところは痛い場所のみでしたが、こちらでは話を細かく聞いて下さり、痛みの原因になる場所を突き止め、その場所の施術をしてくださいます。私の場合、痛みは腰にありましたが原因はまったく違うところにありました。

6.どのような方に当院を勧めたいですか?

日常生活や仕事で辛い痛みを我慢している方、薬などで痛みを和らげている方。

7.同じ悩みを持っている方にメッセージをください。

こちらにお世話になってから数か月に一度会う友人から姿勢がすごく良くなったね!!といわれました。今までは体が曲がっていたと言われました。

肩こり、頭痛、腰の痛みやその他の症状がある方は思い切って連絡してみてください。知り合いから姿勢のことを言われたことが一番うれしかったです。

今では本当に通ってよかったと思っています。

栃木県栃木市在住 慢性的な肩こりでお悩みの高校生 金賀様

1.今までにどのような痛み・痺れに悩んでいましたか?それはいつからですか?

肩こり、頭痛

2.その痛みを取るためにいままでどのような治療をしてきましたか?

我慢していました。我慢できない時はバファリンを飲んでいました。

3.その治療はどんな効果がありましたか?

治る時と治らない時がありました。

4.何が決め手となり、当院で治療されようと思ったのですか?

母の勧めで来ました。

5.私の施術と今までの施術はどのようなところが違いましたか?

きちんと症状が改善するように真剣に治療してくれました。

6.どのような方に当院を勧めたいですか?

痛みに耐えて我慢している方。

7.同じ悩みを持っている方にメッセージをください。

先生に家でできる簡単なストレッチなど教えていただけるので続けていくとかなり改善されると思います!

まとめ

いかがでしたか?

以前にも肩こりと頭痛の話は書きましたが今回は少し突っ込んだお話をしました。

肩こりはたかが肩こり、されど肩こりです・・・

甘く考えていると、ずっと通わなくてはいけないというジレンマに陥ります。

そして私は通い続けるんだ・・・という自己暗示にかかっていきます。

そんなことはありませんよ(^_-)-☆肩こりは根本的な解消が可能です!!

私は肩こりを解消したあと、どの様にキープするかの方法までお客様に伝達するようにしています。

もしお困りなら当院がお力になれると思います(^^)/

こちらの記事もおすすめです
→【頭痛治療なら整体で効果が実感できる理由!筋膜を扱う整体師にお願いするべき6つのポイント

→【小山市で腰痛を専門とする筋膜整体院フィジカルケア

→【筋膜を使い骨盤矯正する効果で腰痛を治すフィジカルケア

小山市の整体で腰痛・肩こり・頭痛を改善したい方はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ホームページ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
第2ホームページ】腰痛、肩こり予防体操など載せています!!

当院は栃木県の小山市だけでなく、宇都宮市、下野市、栃木市、野木町、佐野市、足利市、真岡市、鹿沼市、壬生町、上三川町、益子市、茂木町、芳賀町、日光市、市貝町、高根沢町、那須烏山市、那須塩原市、塩谷町、矢板市、大田原市、茨城県結城市、古河市、つくば市、つくばみらい市、下妻市、筑西市、坂東市、八千代町、桜川市、五霞町、常総市、水戸市、埼玉県行田市、久喜市、蓮田市、加須市から、遠くは徳島県から

フィジカルケアの詳細

院名 フィジカルケア
院長 佐藤正史
診療項目 腰痛、肩こり、頭痛、不妊症、スポーツ障害
所在地 栃木県小山市神鳥谷1-21-11
電話番号 070-1401-1451
最寄り駅 JR小山駅
連絡方法 お問合せフォーム
駐車場 当院の目の前にお停めください
営業時間 9:00~20:45
休診日 日曜・不定休
URL http://小山市整体.xyz/

Google Map

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA