腰痛の症状と種類を見極めて施術すれば改善度は早い

栃木県小山市にあります筋膜専門整体フィジカルケアの佐藤正史です。

今回は治療するうえでも患者さんが理解するうえでも非常に大事になる腰痛種類と症状の見分け方について話していきます。

皆さんはご存知ですか?

腰痛にはきちんと種類があって腰痛とひとくくりでも治し方は様々です。

それを見極めて治療しないから効果がわるくなるのです。

腰痛の種類とは?

皆さんは腰痛といっても様々な種類診断名があるのをご存知ですか?

✔︎ ぎっくり腰、

✔︎ 筋膜性腰痛、

✔︎ 椎間板ヘルニア、

✔︎ 脊柱管狭窄症、

✔︎ 腰椎すべり症、

✔︎ 腰椎椎間板症、

✔︎ 変形性腰椎症・・・

などなど、様々な呼び名があります。

ではこの各診断名それぞれにあった治療法が確立されていると思いますか?・・・

実は確立されていません・・・

この診断名だからこの方法をすれば必ず治るなんて治療方法はこの世に存在しないんです

このことを知っていましたでしょうか?

 

だからありきたりな腰痛体操をやってもよくならないんです。

私のところに来るお客さまでよく何十種類もの運動をやっているなんて方が来ます。

運動して腰痛は良くなるでしょうか?ウォーキングして腰痛は良くなりますか?

ではよくなるとしたらなぜ私の所に来ているのですか?と問いかけています・・・

そうなんです。

各腰痛にあった運動や姿勢があり、その通りに運動や姿勢を行わないと闇雲にやっても腰痛は一向に良くなりません。

それどころか悪くなることもあります。

そんなご経験ないですか?

私も若いころ、ヘルニアと診断され、腹筋を鍛えるように言われましたが痛すぎてとてもじゃないけどできませんでした。

その後、私は体のスペシャリストとなり、あの診断名と教わった運動がそもそも間違っていたことに気づきました。

何度も言いますが腰痛の種類と症状を見極めなければ最短では良くならないし、腰痛は再発します・・・

何故なら腰痛は皆さんが自分の生活の中で作り出しているものだからです。

ですから各診断名の通りに治療をしてもよくなることは稀です・・・

ですから診断名が間違っていることは多くの場合あります。

病院で詳しくなぜ起きたのか?その対処方法は?再発予防方法は?と聞いてもまともに回答は先生から返ってきましたか?

それを与えられるのはリハビリの先生か治療者なんです。

では腰痛にはどんな種類があるのでしょうか?

①不良姿勢タイプ

②反り腰タイプ

③側方タイプ

④回旋タイプ

の4つに腰痛は治し方が分かれます・・・

腰痛の症状別の治療方法

①不良姿勢タイプ

①の場合は不良姿勢により前方の筋膜が硬くなり、体を伸ばすことが出来なくなっているタイプです。

この症状は姿勢を直さない限り、慢性的な症状はいつまでも続きます。一番多いタイプがこのタイプです。

この腰痛タイプは主な問題は前方の筋膜が問題となって良い姿勢が取りずらい状態となっています。

ですからメインに治療しなければならないのは後方ではなく前方の筋膜なんです。

また後方への体幹の反りが可動域制限を受けるのも特徴です。

②反り腰タイプ

②は反り腰タイプといって腹筋が弱いために背部の筋膜が硬くなって循環障害を起こし腰痛を起こすタイプです。

この場合後方の筋膜を施術するか腹筋の強化を図らないと根本的に治ることはありません。

このタイプは腹筋低下が原因で後方の筋膜が硬くなって起きる腰痛です。

従ってこの場合メインに治療するのは後方の筋膜です。前方ではありません。

この場合は腹筋運動をするとよくなる場合が多いですね(^^♪

③側方タイプ

③は側方タイプといい体が横に歪んでいるタイプです。このタイプはサイドにある筋膜が一方は緩んでいて一方は硬くなっています。

この横にずれている状態をいち早く治すのが一番の近道です。これを治さずにきちんとよくなることはありません。

このタイプは体が今までと違い横にずれているタイプです。

これは前方も後方も治療してもよくなりません。

筋膜はずれている方向に縮むので縮んでいる方の筋膜を主に治療します。

このタイプは痛みが強いことが多く、少し時間がかかるのも特徴です。

④回旋タイプ

④は体幹が捻じれているタイプでこの捻じれが生じているのは骨盤だったり、股関節だったり、体幹そのものだったり様々です。

これは回旋を司る筋膜を治療しなければ治りません。この場合体を捻るようなストレッチが効く場合が多いです。

このタイプは一見体は歪んでいるようには見えません・・・

しかし触診していくと骨盤がどちらかに回旋し、体幹もそれに伴い回旋が起きています。

この場合はひねっている方向と逆の方向どちらにも痛みは生じる可能性はありますが回旋を司る筋膜ラインを治療する必要があります。

これは問題になっているのが内旋なのか外旋なのかによって治療する筋膜も変わります。

このように腰痛には4つのタイプと症状の違いがあるのに、そこを治さない薬、電気、湿布をして良くなるでしょうか?

電気、薬、湿布は体の歪みを取るものでしょうか?・・・

よくなっているよ!という人もいると思います。それは薬の影響ではなく自分の体の自然回復力が働いて良くなっているので決して薬で良くなっているわけではないんです。

この自然回復力を妨げているのが体の歪みであり、それを作り出す皆さんの日常生活そのものです。

どんな症状の時どう考えるの?

では4つの種類の場合、出る症状にはどんな違いがあるのでしょうか?

これを見極めないと種類は見極められないんです。

まず初めに①の場合

一番多いのは長く座った姿勢を続けたり、車を運転していたり、座ってスマホを見ていたり、座って本を読んでいたりと

長時間のデスクワークや座っている姿勢で腰痛が強くなります。グ役に症状が強くなったときは立ったり、歩いていると症状が落ち着くことが多いです。

②の場合は反り腰で背部の筋膜が硬くなっていますから、長時間の立位姿勢や立ち話、歩行の持続で腰痛が重くなることが多いです。このような場合座っ

たり、前屈をすると症状が一時的に落ち着きます。これは硬くなった後方の筋膜が伸びるからなんです。

③の場合は残念ながら座ったり、立ったりでは症状の変化は感じられません。体がよこにずれているのが原因ですからそのずれた体を反対方向に戻すような刺激を与えないと良くならないのです。このタイプは特に痛みが強いことが多く長く症状を患っていることが多いですから、自分で治そうとせずにきちんと時間がかかっても治療に通う事を私はあ勧めします。

このタイプもきちんとよくなる時と悪くなる時がありますが前者2つ程それは感じないと思います。

④の場合は正面から見ただけでは体が歪んでいるのは分かりません・・・

捻りが入っていますからこのひねりを治さないといけません。この場合は立っていたり、歩いているときに症状が強くなる事が多いですが座っていても中腰でも腰痛は強くなります。

逆にあいまいな症状があったり、体を捻ったときに明らかに左右差が出ますからこの場合はこのタイプである可能性が高いです。

この各症状に対するあった運動やストレッチというのが確かにあります。

これは次回のブログでお伝えしますね(^^♪

腰痛の症状と種類から治療部位を導き出し効果のあったお客様

栃木県在住 接骨院や鍼で得ならなかった腰痛にお困りのお客様 山田様

1.今までにどのような痛み・痺れに悩んでいましたか?それはいつからですか?

9か月前くらいから慢性的に痛くなり、好きなゴルフでも痛くなり始めました。

2.その痛みを取るためにいままでどのような治療をしてきましたか?

接骨院や鍼治療をしてきました。

3.その治療はどんな効果がありましたか?

あまり効果はなかった。

4.何が決め手となり、当院で治療されようと思ったのですか?

サイトで見た経験談がよかったので・・・

5.私の施術と今までの施術はどのようなところが違いましたか?

痛みにつながる場所を押していく施術で痛かったですが、確かに少しずつ良くなっていきました。筋膜の繋がりを初めて知りました。

6.どのような方に当院を勧めたいですか?

腕は確かです!なかなか良くならなくて困っている方に勧めたいです!

7.同じ悩みを持っている方にメッセージをください。

私も最初は疑心暗鬼で来ました。最初は皆さんそうだと思います。しかしここは来てよかったと今は思います。是非先生を頼ってみてください!

茨城県下妻市在住 医者に手術といわれた腰痛の改善 高岡様

1.今までにどのような痛み、痺れに悩んでおられましたか?それはいつからですか? 

もともと腰痛もちですが、昨年の7月に椎間板ヘルニアと整形外科で診断され、左足に痺れと激痛があり、歩くのも困難でした。Drには手術しかないといわれました。

2.その痛みを取るためにいままでどのような治療をしてきましたか?

整形外科の薬、接骨院でのマッサージ、牽引、電気など、接骨院も4か所めぐりました。

3.その治療はどんな効果がありましたか?

ほとんど効果はなく日に日に痛みが強くなりました。

4.何が決め手となり当院で治療されようと思ったのですか?

整形外科で手術しかないといわれ、どうしても手術だけは嫌だったので根本的に治療したかった。

5.私の施術と今までの施術はどのようなところが違いましたか?

痛みが体の歪みから来ていることを教えてくれて、自分でできるマッサージなどを指導してもらいました。1日目から歩くのが楽になり、これは治るかもと希望を持ち通院し続けました。

6.どのような方に当院を勧めたいですか?                                           

私は痛みで体が左側に大きく曲がり、歩くのも数メートルしか歩けなくなってから治療していただきました。病院、接骨院を何か所も行っている方、まずは先生の所に行ってみてください。

7.同じような悩みを抱えている方へメッセージをください。 

他では手術しかない、昔から痛いからもう治らないと思っている方・・・あきらめずに是非先生を頼ってください!

まとめ

いかがですか?

一言に腰痛といってもその腰痛がよくならないのには症状には種類があるからなんです。

腰痛といわれて薬を飲む、電気をかける、湿布を貼ってもあまり効果はありません。

先にも言いましたようにその治療で治った人と自然に治した人との間に治療期間の差はありません。

結局は治療した気分に浸ってしまうんです。

それではいけません。

何から腰痛が起こったか?それを繰り返さないようにするにはどうするのかを一緒になって考えることに根本解決への道があります!

当院ならそのお手伝いが出来ます!

こちらの記事もおすすめです
→【頭痛治療なら整体で効果が実感できる理由!筋膜を扱う整体師にお願いするべき6つのポイント

→【小山市で腰痛を専門とする筋膜整体院フィジカルケア

→【筋膜を使い骨盤矯正する効果で腰痛を治すフィジカルケア

小山市の整体で腰痛・肩こり・頭痛を改善したい方はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ホームページ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
第2ホームページ】腰痛、肩こり予防体操など載せています!!

当院は栃木県の小山市だけでなく、宇都宮市、下野市、栃木市、野木町、佐野市、足利市、真岡市、鹿沼市、壬生町、上三川町、益子市、茂木町、芳賀町、日光市、市貝町、高根沢町、那須烏山市、那須塩原市、塩谷町、矢板市、大田原市、茨城県結城市、古河市、つくば市、下妻市、筑西市、坂東市、八千代町、桜川市、五霞町、常総市、水戸市、埼玉県行田市、久喜市、蓮田市、加須市から、遠くは徳島県から

フィジカルケアの詳細

院名 フィジカルケア
院長 佐藤正史
診療項目 腰痛、肩こり、頭痛、不妊症、スポーツ障害
所在地 栃木県小山市神鳥谷1-21-11
電話番号 070-1401-1451
最寄り駅 JR小山駅
連絡方法 お問合せフォーム
駐車場 当院の目の前にお停めください
営業時間 9:00~20:45
休診日 不定休
URL http://小山市整体.xyz/

Google Map

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA