病院で治らない身体に出た痺れを根本原因から取り去る整体院フィジカルケア

栃木県小山市の筋膜専門整体フィジカルケア代表 佐藤 正史です。

今回は身体によく起こる痺れの原因について書いていこうかと思います。

腰痛はないけど足がしびれるとか肩は痛くないのに手先がしびれるなんて事ありませんか?

それらは文字通り、頸椎や腰椎が原因のこともありますがそうでない場合もたくさんあります。

神経は大きな神経以外にも体にたくさん張り巡らされている!

まず痺れに対して考える際、大事な事実があります・・・

世の中の大抵の常識は手先や足先に出た痺れは頸椎、腰椎が原因というのがお決まりのパターンですよね・・・

そして画像を取る→画像に問題があればそれが原因→問題がなければ原因不明

画像の問題が大きいと手術、画像に問題ない場合は薬で様子見というのが大抵の流れです。

このような対応で良くならない方もたくさんいるのではないですか?

もしくは一度は治まったがちょくちょく繰り返すという方も多いと思います。

これらの治らない原因は画像に問題はないから治らないんです・・・

現に私は大学時代腰椎ヘルニアと診断され椎間板がつぶれているといわれました・・・

それは今も画像でとると椎間板が薄くなっていいて治っていないように映ります。

しかし、私はここ20年近く腰痛になっていません。

これはどういうことかわかりますか?

私の腰痛の原因は椎間板ではなかったのです。

椎間板が原因なら治っていないのですから20年も腰痛がないなんてあり得ると思いますか?

現に医療業種の間では有名な話ですが、画像診断の症状一致率はわずか15%なんです。

ほとんどの腰痛や首の痛み、もしくは手先足先の痺れは間違った診断を下されているんです。

それは治らないですよね・・・

画像の変化というのはある程度経時的変化や運動習慣などの繰り返しの中で椎間板がつぶれたりするものなんです。

ですから痺れは腰椎、頸椎、椎間板に原因があるのではなく、体の歪みを中心とした筋膜の硬さに原因があることがほとんどです。

私のところに来る痺れで悩んでいるお客様もほとんどがそうです。

痺れは腰や頸椎以外の原因もたくさんある

痺れは体の歪みからくる筋、筋膜の硬さからくるとお伝えしました。

坐骨神経痛もほとんどがそうです。

ではどのような仕組みで痺れが生じるのでしょうか?・・・

先の項目で示した図のように神経は大きな神経以外にもたくさんの枝が出て、皮膚や筋肉、筋膜の中に入り込んでいます。

それが体の歪みによって起きた硬い筋肉、筋膜が入り込んでいる神経を圧迫すると痺れが出ます。

これは例の一つになりますが、手先足先の痺れは特に皮膚を支配する皮神経が圧迫されているとよく起こります。

腰椎・頸椎が原因でないことが多いです。

手の痺れですとがの筋膜・筋肉が硬くなる方で多いのはデスクワークや手先の作業をする方が特に多いです。

デスクワークではキーボードを打つため手首の背側の筋肉を常に使い続けます。

デスクワークであればずっとパソコンを使っていますから手の背側の筋肉は使い続けるわけです。

また手先を使うような仕事も手の筋膜、筋肉を硬くする原因となります。

このそれぞれ硬くなった筋膜、筋肉の場所によって痺れが出る場所も変わる糖ことなのです。

また、痺れが出ることはそれだけではありません。

過去に手術をしている方・・・帝王切開や盲腸でもそうです。

体にメスを入れると筋膜が硬くなりやすくなるため、体に歪みが生じやすくなります。

過去に同じ痛みを繰り返している方、腰痛の繰り返しや捻挫もそうです。

このような繰り返しの痛みは各部位に硬い場所を作ります。

そうするとその硬い場所と連結のある筋膜に硬さが伝わる為、遠く離れた手先、足先に痺れを作り出します。

「筋膜連結」の画像検索結果

 

当院で身体に出た痺れの原因を根本的に取り除いたお客様

茨城県結城市在住 過去の手術から来ていた足部の痺れと腰痛肩こりが改善した保育士

1.今までにどのような痛み・痺れに悩んでいましたか?それはいつからですか?

18歳の頃左足裏にできたしこりを取るため手術をしました。その後5年ほど前から左足裏の痺れを1日中感じるようになりなっていました。それ以外に仕事で重たい荷物を持つことで腰の痛みや肩こりがありました。

2.その痛みを取るためにいままでどのような治療をしてきましたか?

整形外科や大学病院を受診し、整形外科では薬と注射、大学病院では左足裏の痺れは手術が原因といわれ、違う整形外科では足根管症候群と診断され、よくわからなくなっていました・・・

3.その治療はどんな効果がありましたか?

注射は痛みだけで変化もなく薬も副作用が強いのでやめてしまい効果を感じることはなかったです。

4.何が決め手となり、当院で治療されようと思ったのですか?

HPを見て、薬を使わない安全な治療で根本的に治してくれるところに惹かれて・・・

5.私の施術と今までの施術はどのようなところが違いましたか?

施術以外に自宅でできる簡単なエクササイズを教えてくれて助かりました。そしてどこが原因か教えてくれました。

6.どのような方に当院を勧めたいですか?

整形外科や大学病院などに行っても治らなかった方に是非お勧めです!

7.同じ悩みを持っている方にメッセージをください。

一生続くと思った痺れでしたが先生の「治せる!」の言葉を信じて通ってよかったです。同じような痺れを持っている方は是非、薬ではなく先生の施術を受けてもらいたいです!

茨城県結城市在住 工場勤務の中で指が痺れて治らなくなったお客様

この方は手首と手の筋膜をを緩めたところこのような変化が出ています。

まとめ

いかがでしたか?

痺れは腰椎、頸椎が原因のことは少ない、という事をお伝えしました。

それは過去からの研究に追っても明らかですし、実際に臨床で見ていてもそう感じます。

そして体の各所に現れる痺れの原因は体の歪み、過去からの手術、繰り返しの痛みの影響によって連結する筋膜を介して遠く離れた場所でも痺れを作り出す。

という事をお伝えしました。

薬を飲んでいるけどイマイチ、治り切らない、ちょくちょく繰り返すという方がいたら是非当院の筋膜治療がお役に立てるかもしれません。

こちらの記事もおすすめです
→【頭痛治療なら整体で効果が実感できる理由!筋膜を扱う整体師にお願いするべき6つのポイント

→【腰痛治療なら整体で効果が実感できる理由!筋膜を扱う整体師にお願いするべき5つのポイント

→【小山市で産後の整体を受けるならフィジカルケアで決まり!お客様の声あり

小山市の整体で腰痛・肩こり・頭痛を改善したい方はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ホームページ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
第2ホームページ】腰痛、肩こり予防体操など載せています!!

当院は栃木県の小山市だけでなく、宇都宮市、下野市、栃木市、野木町、佐野市、足利市、真岡市、鹿沼市、壬生町、上三川町、益子市、茂木町、芳賀町、日光市、市貝町、高根沢町、那須烏山市、那須塩原市、塩谷町、矢板市、大田原市、茨城県結城市、古河市、つくば市、下妻市、筑西市、坂東市、八千代町、桜川市、五霞町、常総市、水戸市、埼玉県行田市、久喜市、蓮田市、加須市から、遠くは徳島県から

小山フィジカルケア治療院へお客様がたくさん来てくださっています。

フィジカルケアの詳細

院名 フィジカルケア
院長 佐藤正史
診療項目 腰痛、肩こり、頭痛、不妊症、スポーツ障害
所在地 栃木県小山市神鳥谷1-21-11
電話番号 070-1401-1451
最寄り駅 JR小山駅
連絡方法 お問合せフォーム
駐車場 当院の目の前にお停めください
営業時間 9:00~20:45
休診日 不定休
URL http://小山市整体.xyz/

Google Map

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA