頭痛のタイプと原因を区別して治療する筋膜整体院フィジカルケア

小山市で筋膜の治療を専門とする小山市で唯一の治療院フィジカルケア代表の佐藤 正史です。

皆さんは頭痛の原因にはタイプがあるのをご存知ですか?

これは知っているようで知らないことなのではないでしょうか?

前回も似たようなことを書きましたが、今回はもう少し突っ込んで書こうかと思います。

頭痛のタイプ

さて、ここでは頭痛の原因について書いていこうと思います。

いままで頭痛のタイプは大きく分けて3つに分かれるとお話ししていきました。

ここではその3つのタイプの原因についてもう少し掘り下げて書こうと思います。

まず頭痛の3つのタイプとは緊張型頭痛、偏頭痛、群発性頭痛でしたね。

緊張型頭痛がなぜ肩こりからくるのか?なぜ肩こりよりも頭痛が先にあると緊張型頭痛ではないのか?

を書いていきます。

緊張型頭痛とは肩こりが根本原因である筋肉の中の毛細血管が血流阻害を起こして起こる頭痛とお伝えしたと思います。

という事は肩の筋肉と頭の筋肉は連結があるという事ですよね。

その連結を知る、その連結は主にどのような時に頭痛となって波及するのか?をしらなければなりません。

 

このように頸部の筋肉というのは肩甲骨と頭蓋をつなぐ筋肉と思っていただければよいと思います。

その頸部の筋肉は主に肩甲挙筋、僧帽筋、斜角筋、頸板状筋、頭板状筋、胸鎖乳突筋と呼ばれる筋肉でこれらは後頭部の後頭下というところにくっつくのです。

その部分には後頭下筋群という細かな筋肉が密集していてこの筋肉が硬くなってしまう事で様々な自律神経症状が起きることが文献で示されています。

その自律神経症状とはめまい、頭痛、耳鳴り、吐き気が主な症状で時には不眠も引き起こします。

ではなぜこの後頭下筋群が硬くなると自律神経症状が起きるのでしょうか?

それはこの筋肉群は脳と神経支配でつながっているからなんです。

それは自律神経の中枢といわれる視床下部、平衡感覚を司る小脳・内耳、それらの情報を統合する大脳皮質・・・

これらの組織と後頭下筋群は繋がりがあるんです。

また後頭下筋群には人間の姿勢を司る筋紡錘という組織が高密度に密集しています。

という事はこの筋肉が硬くなることでこの筋紡錘が働かなくなったら姿勢も自然と崩れていくんです・・・

これが理解出来たら何となくこの筋肉が硬くなってしまい、元に戻らない状態が自分の体に起きたとしたら、自律神経症状が起きてもおかしくないとわかってきましたか?

これらは別の症状ではないんです。

私の院に来るお客さまでこれらの症状を別物だと考えお薬を飲んでいるがなかなか治らないと言っている方は大勢います。

ですからこのことをきちんと問診して鑑別できなければきちんとした治療は出来ないという事になります。

では、なぜ後頭部の筋肉が硬くなってしまうのでしょうか?

それはもうお分かりですね・・・姿勢ですよね(^^)/

これが原因です。

では次に緊張型頭痛の2番目の原因について書いていきます。

これは特に精神的に緊張しやすい人に多いのが特徴です。

このタイプの緊張性頭痛は不良姿勢が原因で起こるわけではありません。

この精神的に緊張しやすい方に起こる緊張型頭痛は外側の筋膜ラインに異常をきたすことが多く、不良姿勢で起こる筋膜の硬さとは別物となります。

それはこのラインです。

このタイプの緊張は精神状態が体に現れるので外側の筋膜が緊張していしまいます。

前腕、上腕、肩外側、首の横の筋肉が張ってしまうため外側の筋膜を緩める必要があるんです。

かつ、このラインは頭蓋骨につながっており、顎二腹筋、側頭筋とつながり偏頭痛と非常に似たような場所に頭痛を引き起こします。

次に偏頭痛と群発性頭痛ですね。

偏頭痛は根本の原因は食とそこから派生する内臓の疲労と頭蓋の筋膜の歪みであるとおつたえしました。

前に内臓と頭蓋の筋膜の歪みはどの様に起こるか書きました・・・知らない方はこちら

内臓と頭蓋とは・・・

また偏頭痛、群発性頭痛の関係の深い食の知識を下記に書きました。

食からの頭痛の原因

では食のことについてお話しします。

食の影響によって内臓が酷使されることはお話ししました。

今回はどんな食べ物が良くないのかを書いていきます。

食は奥が深いので代表的なものを書いていきますね。

①トランス脂肪酸

②脂質のバランスの悪さ

③糖質の過剰摂取

④乳製品の摂りすぎ

これらのことがアレルギー反応ひいては頭痛を出す根本の原因になっていきます。

①トランス脂肪酸・・・

トランス脂肪酸はご存知ですか?

皆さんこれを知らずによく食べています。代表的なものにマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングがあります。

これらは脳卒中や心筋梗塞、高血圧のリスクを高める事がわかっています。

また悪玉コレステロールを増やし、内臓に負担をかけるので非常に体に負担がかかるのです。

そのことを知らずに皆さんが食べているものの中にたくさん含まれているんです。

②脂質のバランス・・・

 脂質のバランス???

と思わいませんでしたか?

例えば脳は油の器官と言われていて60%が油で構成されているんですよ。

これだけで脂質がどれだけ大事かわかりましたね。

このバランスとはオメガ3とオメガ6の関係のことを言います。

オメガ3は細胞膜を柔らかくする、善玉を増やす、炎症を抑える

オメガ6は細胞膜を固くする、悪玉を増やす、炎症を抑制する、などの効果があります。

さて、皆さんこのオメガ6なんだと思いますか?

皆さんがよく使っているサラダ油なんです。ほかにもごま油、ひまわり油、菜種油、などは同じ仲間です。

皆さんよく使ってないですか?

このバランスが現代人ではオメガ3→1に対しオメガ6→50くらいになっているといわれています。

つまりこれが体調が悪くなったり、頭痛になったりする下地になるんです。

③糖質の過剰摂取

糖質って何でしょうか?わかりますか?

糖質とは白砂糖、白米、小麦粉などです。

これがなぜいけないのでしょうか・・・

もともとはこの3種類は白い食べ物ではなかったのです。

もともとはビタミンとミネラルを豊富に含んだ食べ物だってのです。

それが白くなり、糖質まるまるのものになったんです。

人間の体ではビタミンとミネラルが不足していると血糖値が急勾配してしまうんです。 

これが体内で糖化という現象で活性酸素を生み出し老化を招き、血糖値の乱高下が内臓を疲弊させ自律神経症状を生み出した脳に影響を及ぼし鬱病になりやすくなるんです。

④乳製品の摂りすぎ

乳製品は体に良いと思っていませんか?

日本人は古来より乳製品をとる習慣はありません。これは生活習慣の欧米化によるものなんです。

実は日本人には乳製品に含まれる乳糖という成分を消化する酵素ラクターゼという消化酵素が少ないことが分かっています。

ですから消化不良を起こし、下痢などの症状になりやすいのです。

乳製品は多くのカルシウムが含まれていますが骨を強くするにはマグネシウムも必要なんです。カルシウムはマグネシウムがないと体に吸収されないんです。ですからマグネシウムを補給しないままだと血液中にカルシウムをため込んでしまい、血中のカルシウム濃度を上げてしまうんです。そうすると逆に骨が弱くなってしまうんです。

また牛乳にはカゼインというたんぱく質が含まれており、このカゼインがアレルギーや頭痛の原因になったり癌のリスクを高めることが研究で分かっています。

当院で頭痛の原因とタイプを理解され治療を受けたお客様

茨城県筑西市在住 慢性的な頭痛と不眠症、めまい、胃の痛みにお悩みの中学生

1.今までにどのような痛み・痺れに悩んでいましたか?それはいつからですか?

数年前から毎日頭痛があり学校も休みがちで生活するのに支障がありました。

2.その痛みを取るためにいままでどのような治療をしてきましたか?

薬など病院を回ってきた。

3.その治療はどんな効果がありましたか?

一時的なものばかりで治らなかった。

4.何が決め手となり、当院で治療されようと思ったのですか?

母が見つけてくれたサイトを読んでそれがフィジカルケアでした。

5.私の施術と今までの施術はどのようなところが違いましたか?

今までの一時的なものではなく根本的に治してもらえた。

6.どのような方に当院を勧めたいですか?

私と同じようにいろんな症状で悩んでいる方。

7.同じ悩みを持っている方にメッセージをください。

治らなかった頭痛が治り、不眠症・めまいも治りますか?と聞いたら「治る」といわれました。本当に治りました。ありがとうございます!

栃木県栃木市在住 慢性的な肩こりと頭痛でお悩みの保育士

1.今までにどのような痛み・痺れに悩んでいましたか?それはいつからですか?

8年前から肩こり・頭痛に悩んでいました。

2.その痛みを取るためにいままでどのような治療をしてきましたか?

接骨院でのマッサージ。

3.その治療はどんな効果がありましたか?

その時だけで根本的解決にはならなかった。

4.何が決め手となり、当院で治療されようと思ったのですか?

HPに根本的に治るとあったので期待してきました。

5.私の施術と今までの施術はどのようなところが違いましたか?

先生の施術は痛いところは触らず、本当の原因となる筋膜をほぐしていく事で良くなるのが実感できました。

6.どのような方に当院を勧めたいですか?

どこに行っても治らずに付き合っていくしかないと諦めている方。

7.同じ悩みを持っている方にメッセージをください。

私と同じようにマッサージ、整骨院に通い、治らずあきらめている方。先生のところに来ればあきらめるのはもったいないというのがわかります!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

頭痛にはタイプがあること、そして根本の問題として食がどのように頭痛と原因として関係しているかを少し掘り下げて書きました。

お薬や、鍼、灸、マッサージで治らなくて困っている方は多いと思います。

最近は若い子が頭痛を持っているケースがすごく多いです。当院にも多数頭痛が治らずに治療に来ている子がたくさんいます。

このような根底に食の知識が必要であることを少しでも理解してもらえたらうれしいです。

もしお困りなら当院で力になれるかもしれません・・・

こちらの記事もおすすめです
→【頭痛治療なら整体で効果が実感できる理由!筋膜を扱う整体師にお願いするべき6つのポイント

→【腰痛治療なら整体で効果が実感できる理由!筋膜を扱う整体師にお願いするべき5つのポイント

→【小山市で産後の整体を受けるならフィジカルケアで決まり!お客様の声あり

小山市の整体で腰痛・肩こり・頭痛を改善したい方はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ホームページ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
第2ホームページ】腰痛、肩こり予防体操など載せています!!

当院は栃木県の小山市だけでなく、宇都宮市、下野市、栃木市、野木町、佐野市、足利市、真岡市、鹿沼市、壬生町、上三川町、益子市、茂木町、芳賀町、日光市、市貝町、高根沢町、那須烏山市、那須塩原市、塩谷町、矢板市、大田原市、茨城県結城市、古河市、つくば市、下妻市、筑西市、坂東市、八千代町、桜川市、五霞町、常総市、水戸市、埼玉県行田市、久喜市、蓮田市、加須市から、遠くは徳島県から

小山フィジカルケア治療院へお客様がたくさん来てくださっています。

フィジカルケアの詳細

院名 フィジカルケア
院長 佐藤正史
診療項目 腰痛、肩こり、頭痛、不妊症、スポーツ障害
所在地 栃木県小山市神鳥谷1-21-11
電話番号 070-1401-1451
最寄り駅 JR小山駅
連絡方法 お問合せフォーム
駐車場 当院の目の前にお停めください
営業時間 9:00~20:45
休診日 不定休
URL http://小山市整体.xyz/

Google Map

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA